ホームシングルマザーの子育て ≫ 母子家庭の貧困率50%以上!貧乏だと思ったことある? と子どもに聞いてみました。

母子家庭の貧困率50%以上!貧乏だと思ったことある? と子どもに聞いてみました。

たまたま目にした、こんなデータ。ひとり親世帯の貧困率、54.6%(2015年)

それで、子どもに「自分が貧乏だって思ったことある?」って聞いてみたんです。

スポンサーリンク




母子家庭の半分以上が貧困ですって


2016年に国税庁が発表した、年間の平均給与は420万円。

我が家の収入は公的手当を入れてもかなり下回ります。⇒シングルマザーのお財布事情、平均年収より低いけれど家計簿公開

生活は楽じゃないけど明るく楽しく!と、子どもには出来る限り不自由を感じさせないようにしてきたつもりです。

でも、ひとり親世帯の半分以上が貧困家庭、私は気にしてなくても、子どもは他の子と比べて何か敏感に感じ取っていたりするのかなと、直接聞いてみました。

うちは貧乏だと思ったことある?


答えは、「いや、別に」

じゃあ逆に、どんな状態だったら”貧乏だ”って思う?と聞くと、「お腹がすいても食べ物がなくて、破れた汚い服しかなかったら」ですって。

”衣食足りて礼節を知る”という言葉を思い出しました。

ちなみにこの言葉の意味は、衣服や食糧といった生きるために必要なものが充分にあって初めて、礼儀や節度といった作法・行動を期待できる。礼節を求めるなら、まず生活を豊かにさせることが必要、ということ。

大好きだったおばあちゃんが生前に、「どんなに貧しくても、子どもにご飯だけはたくさん食べさせた。お腹がいっぱいだったら、非行に走ったりせずちゃんと育ってくれるものよ」ってよく話してました。

なるほど。確かに、ご飯の内容は質素でも、量はたくさん食べさせてました。洋服も安い物しか買えませんでしたが、洗濯だけはちゃんとして清潔にしてました。それが良かったのかな。

初めて知った子どもの我慢


でも、友だちに遊びに誘われてもあまり行かないようにしてるとか、塾に行きたかったけど言えなかったとか、子どもなりに我慢することは結構あったようです。

申し訳ない…。

「みんな着てるから、スチューシーのパーカーが欲しいけど言えなかった。」

そうかそうか、パーカーくらい言ってくれれば買ってあげたのに。


……
………
15,000円!?

パーカーに15,000円なんて出せるかーい!ユニクロの1,500円で充分じゃ!

「ち、ダメだったか、この流れならいけると思ったのに」って策士か!

ま、朗らかに育ってくれてるようで良かったです。

結局、いくら稼げばいいの?


離婚したシングルマザーで、養育費をもらえている人って20%以下しかいないんだそうです。

私の場合、調停離婚だったので、公的に支払いの取り決めをし、文書を交わしてるからかもしれませんが、これまで滞りなく月に2万円を振り込んでくれてます。

いろんな面でちょっとずつ変な元夫でしたが、これは感謝しないといけませんね。⇒ネタ満載の結婚・離婚物語

貧困家庭の家計の収支などから計算すると、月収15万円が目安のようです。15万円をキープ出来れば、通常の生活が出来るということ? 養育費があるから最低13万円で大丈夫?

5月からは正社員をクビになったのでパートになりますが、アルバイトを増やして月収15万円、なんとか死守したいです。⇒仕事をクビになりました。必要に迫られてこれを断捨離することに

いや、せっかく付属高校に行ってるのに、”生活が苦しいなら大学行くの止めるよ”とか言い出しかねないので、もっと余裕の顔を見せないと。

支出が大変なのはあと5年だけだもの。頑張ろう。

スポンサーリンク


 今日も読んでくれてありがとう(*^-^*)
 最後にこのバナーをクリックしていただけると
 すごくうれしくて励みになります!
 

 いつも、ありがとうございます。

関連記事

コメント











管理者にだけ表示