ホーム人生の断捨離(結婚と離婚) ≫ 元夫が言い出した離婚の条件と家庭裁判所でした珍証言の数々

元夫が言い出した離婚の条件と家庭裁判所でした珍証言の数々

結婚3年弱で子どもを連れて実家へ帰りました。

離婚を言い出したのは元夫だったのに、急にごねだしたので家庭裁判所調停することになったのですが、離婚を承諾するための条件がひどいものでした。

スポンサーリンク




別居後、離婚をごね出した理由と驚きの条件


”離婚”というキーワードを先に口にしたのは元夫です。私も異議なし。なのですぐに子どもを連れて実家へ帰りました。

ところが急にごね出し、義父の仕事関係の偉い弁護士を3人もつけて、家庭裁判所に調停を申し出たのです。

そのとき出された離婚の条件は、財産分与なし、慰謝料もなし。親権を渡せば、養育はさせる。その場合、養育費は最低限支払ってもいい。

つまり簡単に言えば、お金を払いたくなかったということです。

こんなの、あり得ない!と思いますよね。でも、弁護士3人の署名付きで調停員へ提出された、正式な要求書でした。

離婚を言い出したほうが不利だというのは本当?


離婚調停のとき、先に”離婚”という言葉を出したほうが不利になると言われてます。離婚を望むほうと、それを仕方なく承諾するほう、という関係が出来るからです。

ただしこれは、あくまでも”性格の不一致”や”価値観の不一致”などという、他人からは推し量れない理由での離婚に限ります。

浮気や暴力など、明らかに一方が悪い明確な理由がある場合は、弱い立場の人が離婚したいと言っても不利な状況にはなりません。

私の場合は、生活費を渡さないという明確な理由がありましたが、元夫は自分に非はないと思っているので、単なる”価値観の不一致”だと思っていたようです。

なので、”離婚”という言葉をどちらが言い出したかが重要だと思ったんでしょう。それを覆すために、あることないことを調停員に訴えたようです。

”離婚”という言葉を、私に無理やり言わされた。その証拠に、普通なら離婚なんて言われたら、ショックで泣いたり騒いだりするはずなのに、何も言わず冷静だった。
さらに、何も言わずあっさりと翌日に家を出て行った。

はいはい、って感じですよね。女がみんな、泣いたり騒いだりすると思ったら大間違いよ。

ですが、”離婚”を言い出したのは本当は私だ、と訴え、離婚を承諾して欲しければこっちの条件を飲め、と言ってきたんです。

ひどい条件に対抗する手段は?


あまりのひどさに、私も弁護士をお願いすることにしました。幸い、叔母の学生時代の友だちが弁護士になっていて、紹介してもらうことができました。

弁護士さん曰く、”よほどのこと”がない限り、2歳の子どもだったら親権は母親になるのが普通だから大丈夫、とのことで、ほっとしたんですが、次に提出された要求書を見てびっくり。

私に”よほどのこと”があるから親権者としてふさわしくないという内容でした。その”よほどのこと”っていうのが、これら。

・食事のあと食器を洗わないので、不衛生。これでは子どもの健康を害する恐れがある。

・洗濯物を外に干さないので、いつもカビをはやしている、これも子どもの健康を害する恐れがある。

・仕事もなく子育て経験もない私が、ちゃんと子どもを育てられるわけがない。夫側は子育て経験のある義姉が育ててくれる。

これには、調停員さんも首をひねってました。こんな内容の要求書、見たことないって。

”よほどのこと”というのは、麻薬中毒とかアル中とか、子どもを虐待してるとか、前科があるとか犯罪者で収監予定だとか、そういうレベルのことだから、この程度のことは問題にもならないよ、と言われました。

ただ私の弁護士さんは、一応相手のつけ入る隙を与えないために、仕事は見つけておいたほうがいいかも、と言ってました。

それで、慌てた私は、おかしな会社に入社してしまったんですが…⇒離婚するために慌てて就職した会社が、怪しすぎてある意味でブラック企業だった話。

調停員も呆れ始める


夫側は次から次へと、私がいかに子育てに向いてないかという話をしました。

その都度、調停員さんは私に事実確認をするのですが、次第に呆れて苦笑いしながら私に同情するようになりました。

食器を洗わないなんて、せいぜいひと晩、翌日には洗ってました、と言うと、夫側は「洗った食器を拭きもせず、水切りカゴに放置していた」ですって。

洗濯物にカビが生えたことはありますが、梅雨の部屋干しで、Tシャツの1枚にごく小さな黒い点が出来ただけで、後にも先にもその1回だけです、というと、「そのTシャツが、すごく高価で気に入っていた」ですって。

夫の義姉は子育て経験はあるかもしれませんが、身体が弱かったはず(自分で言ってるだけだったようですが…)。それにヘビースモーカーで、子どもの前でも平気で煙草を吸います。

これには反論できなかったようで、義姉ではなく義母が育てると言い出しました。いやいや、義母もヘビースモーカーですから。

以前、家に来たとき、水切りカゴに置きっぱなしの食器を見て「こんなだらしない人にかわいい孫を預けるなんて、不安で仕方ないわ~」と言いながら、煙草をプカーっと吸ってました。

調停を有利に進めるために必要なこと


何を言われても取り乱さず、常に冷静でいること、ですね。そして、離婚に至った原因を客観的に箇条書きにして、淡々と説明すること。

感情的になっていいことはありません。感情的になればなるほど、相手方に有利に話が進むことが多いと、弁護士さんが言ってました。

自分に有利な条件を相手に承諾させるために、最初にあり得ない条件を言い、そのあと少し妥協したように見せたりします。

なので、自分が絶対に譲れない条件は明確に書き出しておいて、どんな交換条件を出されても、それに乗せられないようにしておかないといけません。

私の場合は、最初にお金は一切払わない、さらに子どもの親権も渡さない、と言われ、そんなのひどすぎると言うと、じゃあお金を払わないことを了承すれば親権は渡す、と言ってきました。

最初から親権なんて欲しくなかったんですよね。単なる交換条件の1つに過ぎなかったんです。私は親権だけは譲れない!と思っていたので、子どもさえいればお金なんていらない、と言いそうになりました。

相手の思うつぼになるところでした。

最終的に決まった離婚の条件は


親権も養育権も私のものになりました。夫側には月に1回の面会権が与えられました。が、離婚成立後、今日まで1度も子どもに会いに来たことはありません。

慰謝料は支払い能力なし、財産分与もなし。⇒元夫が養育費を値切るためにやった小細工

当面の生活費として10万円を渡す、というのがお金について私が勝ち取った条件でした。

養育費は、子どもが20歳になるまで、毎月2万円を銀行へ振り込むことに決まりました。こちらの希望は3万円だったので妥協した形ですが、相手は最後まで年に20万円にしてと値切ってました。

家庭裁判所での決定事項なので、法的拘束力のある文書を取り交わしました。それもあってか、養育費は欠かさず払ってくれてます。これは感謝してます。

離婚後、10数年経って


別居直後や調停中は、夫を恨みもしました。でも、今となっては笑い話にできるくらいです。

子どもは父親について1度も聞いてきたことはありませんが、気になってないわけはないと思います。風の便りで、元夫は再婚し子どももいるとか。

機会があれば会わせてあげたいと思ってますが、元夫はどう考えているんでしょうか…

自分の知らない妹か弟がいるって、どんな感じなのかな…。もう高校3年生だし、1度ちゃんと話してみようと思います。

スポンサーリンク


 今日も読んでくれてありがとう(*^-^*)
 最後にこのバナーをクリックしていただけると
 すごくうれしくて励みになります!
 

 いつも、ありがとうございます。

関連記事

コメント











管理者にだけ表示