ホームマイホームとインテリア ≫ わが家の間取り公開、ちょうど4年前に1枚のチラシと運命の出会いをしました。

わが家の間取り公開、ちょうど4年前に1枚のチラシと運命の出会いをしました。

今の家と運命の出会いをしたのは、ちょうど4年前。

1枚のチラシを見てから、念願のマイホーム獲得までの4か月弱をひた走りました。

スポンサーリンク




運命の出会い、チラシに載っていた間取り図


未公開物件だったので、近所にだけ配られた白黒のチラシ。それが、私と今の家との出会いでした。

そのチラシに載っていた間取りがコレです。
間取り

ほぼ願っていたとおりの理想の物件で、すぐに現地へ行って手続きを始めました。ローンがなかなか決まらず大変だったんですが…
住宅ローンに落ちた理由を探す方法、情報開示のやり方
住宅ローン審査に通る人と落ちる人、通るために出来ること

やっとのことで手に入れたマイホーム。なのに、その後忙しいからと片付けを放棄し、汚部屋へまっしぐらだったわけです。

4年前は、理想の家で素敵に暮らす!と心に決めていたのに、この体たらくですよ。でも今は心を入れ替えて、汚部屋を卒業すべく、少しずつ断捨離しながら片付けを進めています。⇒汚部屋脱出プロジェクト、私の片付け方、片付けた場所

ミニマリストにとっては家も不要なモノ?


家を片付けようと決心したとき、いろいろなブログを見て収納や片付けの参考にさせていただきました。断捨離と片付けは違うことも分かってきました。

私も最初は「断捨離して、ミニマリストを目指すぞ!」なんて思っていましたが、理想とはだいぶ違いました。

私が目指していたのはミニマリストではなく「すっきり片付いた部屋でシンプルだけどオシャレに暮らす」が近いです。必要最小限に減らすのではなく、好きなモノだけに囲まれたいんです。

ミニマリストの方々は持ち家反対派の人が多い気がしますが、私は断然持ち家派です。

ローンはあと30年も続きますが、毎月の支払いは賃貸と変わりません。自由に好きな場所へ引っ越すことは出来ない代わりに、老後は住む場所に困りません。オンボロでも気にしなければ、雨風はしのげます。

でも、せっかく手に入れたマイホームですから、ちゃんとお手入れをして丁寧に暮らしたいな、と今は本当に思ってます。

初心に戻るのは大切なこと


建売りなのに、ほぼ理想通りだった間取り。
・子どもが帰って来たら、すぐにリビングから見えること。
・トイレはリビングの外、お風呂はリビングから直接行けること。
・南向きで大きな窓があること。
・キッチンには勝手口があること。
・トイレにもお風呂にも窓があること。
・風通しがすごくいいこと。
1階に求めることは、全部揃ってました。

小さくても理想の詰まったマイホームです。2度と汚部屋になんてしません!まだ汚部屋なところは、早急に片づけるように頑張りたいと思います。

わが家と出会ってちょうど4年の今日、当時の気持ちを思い出し、初心に戻ってみました。

恋愛も仕事もマイホームも、初心を思い出すことは大切ですね。


まさに、その通り!
   
ブログ村テーマ
もっと心地いい暮らしがしたい!


素敵な家を見ると、片付けのやる気スイッチが入ります。
   
ブログ村テーマ
WEB内覧会*リビング

スポンサーリンク


 今日も読んでくれてありがとう(*^-^*)
 最後にこのバナーをクリックしていただけると
 すごくうれしくて励みになります!
 

 いつも、ありがとうございます。

関連記事

コメント











管理者にだけ表示