ホーム片付け・掃除・収納 ≫ 断捨離はココから 節約にもなるその場所とは

断捨離はココから 節約にもなるその場所とは

断捨離、やりたいのに、なかなか始められない人!
やってはみたものの全然片付かない人!
ちっとも進まない人!

断捨離に初めて挑戦する人や、断捨離ビギナーでも「私にも簡単にできた!」という達成感が味わえる、ピッタリの場所があるんです。
1つの成功体験がキッカケで、じゃんじゃん断捨離が進むかもしれませんよ。

その場所とは…

スポンサーリンク




まず最初に、私はミニマリストではありません。
生きるために必要でなくても、実用的でなくても、見ていて幸せになれるものなどは断捨離しません。

モデルルームのような生活感のない家ではなく、くつろげて落ち着ける、帰りたくなる家を目指してます♪

なので、とことん物を減らし何もない家を目指している方の参考にはならないと思いますのでご了承ください。

初めての断捨離、まずはココを攻めよう!


では、断捨離ビギナーが1番最初に取り組むべきおススメの場所、それはずばり、冷蔵庫

1日でやり終えるのにちょうどいい大きさです。しかも、入っているものの分野が絞られてます。

冷蔵庫には、基本的に食べるものが収納されているはずです。薬や冷えピタが入ってる場合もありますが、書類や洋服が入ってる可能性は低いですよね!?

なので分類するのが楽なうえ、捨てる判断基準がハッキリ決まってます。そう、賞味期限(消費期限)

トキメキに頼らなくても、ガンガン捨てられるはずです。1日で終わる、と書きましたが、1、2時間程度で終わる方も多いでしょう。

論より証拠、やってみてください。

断捨離のやり方~冷蔵庫編~


準備するもの
・ゴミ袋
・除菌スプレー
・台所用洗剤
・拭き掃除用の布(古布、タオル、雑巾など)
・徹底的にキレイにしたい場合は、カビキラーなどのカビ取り剤

とりあえず、中身を全部出します!
って、これが結構大変なんですけどね。

冷蔵庫を開けっ放しにすると電気代が高くなるし…と躊躇してる人!

1時間や2時間、開けっ放しにしても、電気代なんで微々たるものです、とコチラに書いてありました。⇒でんきと暮らしの知恵袋

冷蔵庫を1時間開けっ放しにしたときの電気代は約16円ですって。断捨離中だけは、電気代のことは忘れましょう。

思い切って冷蔵庫を開け放ち、片っ端から外に出します。まずは1番広い冷蔵室から、何も考えず、とにかく出すべし出すべし!

すっからかんになったら、せっかくだから拭き掃除をしてはいかがでしょう?台所用洗剤などで汚れを落とし、仕上げに除菌スプレーをシュッとしてサッと拭く。ポケットなどは、外して水洗いしてもいいですね。

きれいになったら、出したものを戻します。その際、賞味期限が過ぎてるものは、ゴミ袋へ。2、3日過ぎただけだからモッタイナイ、というのはなし!

賞味期限の分からない、何かに付属していた小袋の調味料とか、何に使うか分からない香辛料とか、全部捨ててください。

タッパーに入った食材も、今日明日に食べる予定がなければ、思い切って捨てましょう。何も考えずにジャンジャン捨てます。

私は、30Lのごみ袋2つ分捨てました!そんなにたくさんの無駄なものを、電気代をかけて冷やしていたんですね…

賞味期限内のものは、使用頻度の高いものを出し入れしやすい場所に戻していきます。その際、同じ分類のものは近い場所に集めるようにします。

・食べ物ではないもの(薬など)
・アルコール類、その他飲料
・普段はあまり使わないけれど時々使う調味料
・趣味で使う材料(パンやお菓子作り用など)
・パンを食べるときに必要なもの
・レトルト系の食品(麺類なども)
・料理のときに必要な調味料
・賞味期限が比較的短い食材(甘いもの)
などなど。

冷蔵庫に残った量を見て、取り出しやすいようにカゴなどを購入するのもオススメです。

100均のプラスチックバスケットで十分ですが、大きさをちゃんと測るのを忘れずに。冷蔵庫に入る大きさなのはもちろん、収納する食材もちゃんと入るサイズを買わないと、無駄になってしまうので…

できれば、一番出し入れしやすい場所に、小さな鍋が1つ入るくらいのスペースを空けておくと便利です。

残った味噌汁やおかずを鍋のまま入れたり、ケーキやお土産を入れたり、突発的なことにも対応できます。それに、冷蔵庫は詰め込みすぎないほうが、効率良く冷やせて電気代も節約になるそうです。

冷蔵室が終わったら、次は冷凍室。
冷蔵室と同じ手順で、まずは全部出して空っぽにしてから、ちゃちゃっと拭き掃除。そして捨てます。

冷凍しておけば賞味期限は関係ない、というのは都市伝説です。

例えば肉の場合、種類にもよりますが、ひき肉が1番短くて2週間程度、最も長持ちする塊肉でも4週間程度が限界だとか。

あんまり古いものを食べると、食中毒になることもあるそうです。なので、冷凍期間の長い食材も、ここは思い切って捨てましょう。

冷凍食品も賞味期限厳守で、どんどん捨てます。日付のわからない、直接ラップで包んだ食材も捨てます。

そして、大雑把に分類します。

お弁当用、普段の食事用、おやつ用、など。
肉、野菜、魚、スイーツ、などで分けてもいいですね。

こちらも、プラカゴなどを利用すると、上に重ねず立てて収納できるので、下のほうに古いものが隠れる心配もなくなります。

最後に野菜室。
野菜の泥などが落ちるので、一番汚れがひどい場所です。全部出したら丸ごと外して、ジャブジャブ洗いましょう。私はお風呂場で洗いました。

野菜は基本、常温で保存可能なものが多いので、ここには野菜ではなく本当なら冷蔵室に入れるものが入っているかもしれません。

そういう使い方もありですが、同じ種類のものを冷蔵室と野菜室両方に入れるのは止めて、必ずどちらかに集めます。

仕上げに、冷蔵庫の外側も除菌スプレーできれいに拭いたら終了!

徹底的にやりたい場合は、ドアや引き出しの隙間部分のゴムパッキンのカビ予防もしちゃいましょう。ここが黒く汚れている場合は、すでにカビが発生してます。

布にカビキラーなどをシュッとスプレーして、その布でパッキンを拭きます。黒ずみが落ちたら、別の布で水拭きして、今度こそオールアップ!

冷蔵庫の中がキレイになると、気持ちもスッキリして本当に気分がいいですよ。

冷蔵庫の中身が把握できれば、無駄な買い物をしなくなって節約にもなります。
さらに、冷蔵庫の内容をコントロールできると、なぜかダイエットも成功しやすくなるみたい!(これは、あくまで私の経験談ですが…)

節電節約ダイエット、1石3鳥の冷蔵庫の断捨離、さっそく取り掛かってみてください。

スポンサーリンク


 今日も読んでくれてありがとう(*^-^*)
 最後にこのバナーをクリックしていただけると
 すごくうれしくて励みになります!
 

 いつも、ありがとうございます。

関連記事

コメント











管理者にだけ表示