ホームシングルマザーの子育て ≫ 年収200万円でも、偏差値70以上の高校に。教育方針と気を付けたこととは

年収200万円でも、偏差値70以上の高校に。教育方針と気を付けたこととは

親の年収と子どもの学力はきれいに比例するらしいです。

私の現在の年収は200万円くらい。子どもが小・中のころは、少しだけ多くて250万円くらいでした。

データ的には、わが子の学力は低いってことになりますね…

スポンサーリンク




親の年収と子どもの学力の因果関係


小学6年生と中学3年生を対象にテストをして、親の年収と学力に関係性があるか調査したとのこと。

結果、親の年収が高いほど、学力も高かったそうです。年収200万円未満のグループがもっとも学力が低かったそう。

確かに収入が少ないと、塾や習い事にお金をかけることが難しくなりますが…

収入が低いグループでも、毎日の朝食や起床・就寝時間、テレビを見る時間に注意を払う家庭の子どもは、学力が高い傾向があったとか。

収入よりも、生活環境が大事なの?

わが家の家庭環境


正直に言います。

私は、朝食を作ったことがありません…

菓子パンを買っておくことはありましたが、私も子どもも、朝ご飯は食べないことがほとんどです。

寝る時間は、子ども任せ。さすがに23時は過ぎないように注意はしてましたが、おもしろい映画がテレビで放送されていると、一緒に観てしまい、23時を過ぎることもありました。

テレビ番組に気を使うこともなく、バラエティやワイドショー、クイズ番組などが好きなので良く見てました。

これって、家庭環境も良くない?

中学のときの学習環境


収入が少ないので、1年のときから有名な進学塾に通わせるのは無理でした。高いんですよね…進学塾って。

検討したところは全部、基本の月謝が4万円くらい、さらに模試代とか特別講習とかで、だいたい毎月5万円以上必要でした。それに加えて夏期合宿で10万円とか、冬期講習で5万円とか…

でも、3年になったら、受験用の進学塾へ通わせ始めました。これは私の経験からです。

私、中学校ではそこそこの成績だったんです。でも大きな進学塾へ行ったら、自分の偏差値に愕然、こんなに低いのか!って。

それが、受験間近だったら、もう立ち直れません。やる気もなくし、もう終わった…という気分になるでしょう。

でも、1年前だったら、まだ間に合う!今から挽回するぞ!ってなる可能性があります。私は、夏休み直前でした。夏期講習から進学塾に通い始めて、なんとか挽回できました。

なので子どもにも、3年になったらちゃんとした進学塾へ行かせようと考えていたんです。

案の定、周りのレベルの高さにびっくりしたそうです。焦ったって言ってました。でも、今からやれば全然大丈夫だよ、と、私の経験を話しました。
ブログ村テーマ
受験の神様

それから、友だちと競争しながら、点数を見せ合いながら、勉強してました。教えて!と言われても無理!私、こんな勉強したっけ? という内容ばかりで…(汗)

全部、塾へ丸投げしてました。正直、何もしませんでした。唯一やったのは、リビングで勉強させていたことだけかな。

息子が合格した高校


これは、うれしい誤算でした。

私立は、挑戦校・実力相応校・安全圏校の3つを受けるよう指導されます。プラス都立高校ですね。

そしたら、なんと挑戦校に合格したんです。偏差値70以上です。進学塾の広告で、○人合格!と掲載される学校の1つです。公立中学で、決してトップクラスの成績ではなかったのに。

都立に行って欲しかったんですが、これは腹をくくるしかない…、すごく喜んでいる子どもを見て、何はさておいても、この学校に通わせてあげなきゃ、と思いました。

小さいころの教育方法


年収200万円でも、塾に通わせられなくても、子どもは偏差値70以上の高校へ通ってます。親の年収に学力は比例する!というデータに、一石を投じてやりました!

ただ、1つだけこだわっていた教育方針がありました。もしかしたら、それが良かったのかもしれません。

小さいころ、子どもが興味を示したことは、出来る限り、可能な限り、経験させたんです。

電車に興味を持てば、実際に近くで見せ、そして乗せました。

恐竜に興味を示せば、実物大の展示がある博物館へ連れて行きました。

飛行機に興味がありそうだと思えば、空港に連れて行き、間近で見せました。

時代劇に夢中になっていたら、本物のお城を見せたり、古い町並みが残る場所へ連れて行きました。

お花がきれい♪ って言えば、一面の花畑を見せに、海がきれい♪ って言えば、すぐに海まで出かけました。

機会があれば、とか、今度ね、じゃダメなんです。子どもの興味や関心って、コロコロ変わるので、後で行ったときにはすでに興味がなくなっていることがほとんどですから。

すごくお金がかかることは無理ですが、子どもの興味を満足させるのは、あまりお金のかからないことのほうが多かったです。
ブログ村テーマ
笑顔になれる子育て

今でも継続してやってること


子どもに対して、今でも続けていることがあります。

それは、頭をなでること。いい子いい子することです。頭をわしゃわしゃしてます。

そういえば私の友だちの中でも、子どもとの関係が良好な家は、よくわしゃわしゃしてます。小さい頃は、さらにギューッと抱きしめてました。私よりもずっと大きくなった今は、さすがに出来ませんが…(笑)

逆に反抗がすごかったり、ばばぁとか平気で言ったりする子は、頭をなでようとすると、一瞬首をすくめて警戒するんですよ。小学生なのに…

関係があるかどうかは分かりませんが、もしかしたら何か影響があるのかもしれませんよね。

高校受験は想像以上の結果でしたが、実はここまでの過程では、お金以外にも険しい道のりがありました。

保育園では母子家庭についてひどいことを言われ、小学校では先生に目の敵にされたり、アスペルガーの疑いで呼び出されたり、中学校でも発達障害だと言われ、さらにいじめの対象になって大問題に発展し…

子どもについての話も、これから少しずつ書いていきたいと思います。よろしければ、また見に来てください。

スポンサーリンク


 今日も読んでくれてありがとう(*^-^*)
 最後にこのバナーをクリックしていただけると
 すごくうれしくて励みになります!
 

 いつも、ありがとうございます。

関連記事

コメント











管理者にだけ表示