ホームシンプルに暮らす ≫ 「盛りビンボー」にならないように、気をつけなきゃ。

「盛りビンボー」にならないように、気をつけなきゃ。

雑誌「サンキュ!」の最新号を買いました。

とじ込み付録の「センスのいい彼女が無印良品で買ってるもの」が1番見たかったので、とじ込みをピリピリ破いていたら、パッと開いたページに目が釘付けに…

スポンサーリンク




盛りビンボーって何?


「盛りビンボー」という言葉に引っかかりました。興味深々。

ざっくり言うと、いろいろ盛って、結果ビンボーになってしまうということらしいです。

盛り方は人それぞれ、種類がたくさんあるようです。紹介されているのは、大きく3つに分けられていて、

①素敵な主婦をめざし、ムリして背伸び。”自己満足の権化”に!
②「子どものため」が暴走していつしか「私のため」に!
③見栄という亡霊にそそのかされ、ゴージャス生活でストレス発散!!

ですって。
サンキュ!盛りビンボー

原因は「何でも”いいね”が欲しくなる時代」だから、だそうです。

盛りビンボーになりかけてる?


私は、そもそも見栄を張る性格ではなく、どちらかというと、同じものならいかに安く買ったかを自慢するタイプです
し、見栄を張るためのお金もありませんし、当てはまらないよね…

ただ、①の「毎月お部屋のイメチェンに投資」というのに、ギクッとしたわけです。

今回サンキュ!を買ったのも「センスのいい彼女が無印良品で買ってるもの」を見たかったわけですし、片付けだ収納だと言いながら、最近、ちょっと無印グッズを買いすぎたかな~と。

でも、よくよく読むと、インテリア雑貨を毎月購入した結果、狭い家がものだらけになったとか、必要ないのに「写真映え」重視でムダ買いをしたりするのが「盛りビンボー」のようです。

なら、購入した無印グッズをちゃんと片付けや収納に活用して、そのおかげでリバウンドも少なく、比較的キレイな状態をキープできてるから、盛りビンボー予備軍じゃないと思う。
ブログ村テーマ
無印良品の収納 - MUJI -

でも、妥協して買うよりは…


こういうリビングにしたい!という理想にピッタリの無印のラタンバスケットとか、⇒古新聞をオシャレに収納できるかな…使ったのは、この大きなかご

洗面所が垢抜けるワイヤーバスケットとか、⇒無印良品で買ったものでプチ模様替え、洗面所の魔の収納を片付けました。

本当に心からこれがいい!と思ったものを買ったほうが、結局ずっと満足できるし、長い間大切に使うと思うんですよ。

似たような安いものを買ったら、やっぱりあっちのほうが良かったなと、ずっと心に引っかかったりしがちですから。

現に、チェストやテレビ台、小さなものだと靴ベラや傘立てなど、その時その時でたっぷり吟味して、気に入ったものが他よりも高かったのですが、頑張って買った結果、本当に良かったと思ってますもん。

本当に気に入ったものだから、何年経っても大好きなままですし。いつ見てもやっぱり素敵よね~と、自画自賛していますし。

他人の目を気にして盛るためにいろいろ買う行為は、ビンボー街道まっしぐら!? ですが、自分の心に素直に、本当に素敵だと思うものを買うのは、長い目で見れば逆に無駄にならないですもんね。

…とは言うものの、あまり1度に買うと一時的にはビンボーになってしまうので、計画的に少しずつ買い揃えようと思います(汗)

スポンサーリンク


 今日も読んでくれてありがとう(*^-^*)
 最後にこのバナーをクリックしていただけると
 すごくうれしくて励みになります!
 

 いつも、ありがとうございます。

関連記事

コメント











管理者にだけ表示