ホーム人生の断捨離(結婚と離婚) ≫ 返答によってはぶん殴る、と言われた理由と私の対応

返答によってはぶん殴る、と言われた理由と私の対応

たった3年弱ですが、結婚していたことがあります。

“ネタ”かと思われるようなおもしろい体験をたくさんしましたが、今回はあわやDV!? という話です。

スポンサーリンク




少ない生活費の使い道を細かくチェックする元夫


元夫がどれだけ給料をもらっていたのか、社長である父親からいくらお小遣いをもらっていたのか、詳しくは知りません。ただ、毎月2、30万円くらいは娯楽や衣服などに使ってました。

お財布は元夫が握っていたので、私は毎月生活費を渡されていたんですが、結婚してすぐは5万円、子どもが生まれてからは7万円でした。

そこから、食費と子どものための費用と私の携帯代くらいをまかなえば良かったので、なんとか足りてました。

嫌だったのは、金額の少なさよりもその使い道を細かくチェックすること。ちょっと見慣れない日用品なんかあると目ざとく見つけ、どこでいくらで買ったか聞かれます。

柔軟剤とか洗濯ネットとか、別に贅沢品じゃないんですけどね。

こんな状態だったので、私の化粧品なんて買ったこともなく、服も1年に2、3回ユニクロで買う程度、美容室も子どもが生まれてから別居するまでの3年弱の間、1度も行きませんでした。

私の親族から何かを貰うことも気に入らなかった


自分は親からお小遣いだの車だの貰ってるのに、私が私の親族から何かを貰うのは嫌がりました。苗字が変わったんだから、私の親は赤の他人だ、と。赤の他人に借りを作るのはやめろ、ということらしいです。

この頃、私には欲しいものがありました。子どもの写真をデジカメで撮りたかったんです。でも元夫に言ったら“必要ない”のひとこと。それ以上言えないでいたら、ある日私の両親がプレゼントしてくれたんです。
デジカメ

すごく嬉しかったんですが、さて困った。元夫になんて言おう。そんなもの貰うな、とか言われたら嫌だな。なんて思いながら、とりあえず自分のクローゼットに包装されたまましまっておきました。

なぜか、デジカメを見つけた元夫


デジカメを貰った翌日です。

買い物から帰った私の前に立ちはだかる元夫。話があるからちょっと来い、と何か怒ってる。

どうしたの? とリビングに行くと、私のクローゼットの奥に入れておいたはずのデジカメがそこにあります。しかも包装がビリビリに破かれて、中身も出されてます。

なんで? 私の荷物勝手に見たの? と困惑してる私に、夫が怒りの声で言った言葉は…

*****
ランキングに参加してます。
このバナー↓をクリックして応援していただけるとすごくうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ

「これは何だ? 返答によってはぶん殴る、よく考えて答えろ」

は? 勝手に人のクローゼットの中を漁っといて、挙げ句の果てに何を言うかと思ったら、ぶん殴る?

貰ってすぐに報告しなかった私もいけなかったのですが、それにしても殴られる筋合いはない。

いつも言いなりで文句なんて何ひとつ言えなかった私でしたが、このときばかりはプチっと切れました。

殴ると言った元夫に対して私がやったこと


ビリビリに破かれたデジカメの箱を見て、フツフツと怒りが込み上げてきた私。

「殴れるもんなら殴ってみなさいよ!」

と、かけていた眼鏡を投げ捨てました。

すると、さっきまであんなに凄んでいたのに急に挙動不審になって、

「い、いや、本当に殴るとかそういうことじゃなくて…」

とか言い出す始末。自分より弱い立場の人には超偉そうに上からくるのに、相手が少しでも反撃した途端、急にオロオロするってどれだけ情けない男なの?

元夫が怯んだすきに、子どもの写真を撮りたいからデジカメが欲しいってお願いしたのにダメって言うから、私の親がプレゼントしてくれたんだ、と一気に説明しました。

そうしたら、自分のお金を勝手に使って買ったと思ったから怒っていただけで、それならそう言ってくれれば殴るなんて言わなかったよ、とか言って、話を終わらせました。

勝手に私の荷物を漁ったことも、プレゼントをビリビリに破いたことも、一切謝りませんでしたが、デジカメを認めてもらったことにホッとしてました。

殴ってみなさいよ!とかタンカを切ったことに、今さら自分で驚いてドキドキしてました(汗)

それにしても、返答によっては殴るって言うほど怒っていた理由が、自分のお金を勝手に使ってデジカメを買ったことって…それも、一度は生活費として渡したお金なのに。

本当に不思議な思考回路の持ち主だと思いましたが、意外とこういう人、いるのかもしれませんね。

私側の親族に何かしてもらうのを嫌がっていた元夫の、普通では考えられないような失礼極まりない態度はたくさんありました。

それは、後日書きます。よろしければまた遊びに来てください♪

スポンサーリンク


 今日も読んでくれてありがとう(*^-^*)
 最後にこのバナーをクリックしていただけると
 すごくうれしくて励みになります!
 

 いつも、ありがとうございます。

関連記事

コメント











管理者にだけ表示