ホームオシャレを楽しむ ≫ 骨格診断を大雑把に簡単に調べる方法?

骨格診断を大雑把に簡単に調べる方法?

持って生まれた”骨格”によって、似合う服が違うそうです。

流行ってるからとか、今までとは違う自分を発見したいとか、着たことのないような服に挑戦したくなることってありませんか?
いざ試着して、なんかしっくりこないなと思っても「とてもお似合いですよ~」と、まんまと店員さんに乗せられて購入。
でも、結局1度も着てない…なんて服があります(/_;)

自分の骨格タイプが分かれば、生まれながらに似合わない服に手は出さなくなって、こんな失敗はなくなるんでしょうか(^^;)

知っておいて損はない、自分の骨格タイプを簡単に知る方法は!?
続きを読む前に、1つクリックしてくださるとうれしいです(*^-^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 ファッションブログ 40代主婦ファッションへ

骨格診断で自分の骨格タイプを調べるには?


そもそも、タイプが3つしかない…
そして、どれもちょっと当てはまるし、ちょっと違う…

完全のこのタイプ!と1つに決まる人は少ないのでは?
でも「これは違うな」という1つのタイプが見つかる人は結構いると思います。

なので最初は、3つのタイプの中から「これは違う」タイプを見つける消去法を。

タイプ毎のチェックリストを、たっくさん集めました。
まずは、それぞれの項目を見てみてください。
かなり自分の骨格タイプのイメージが分かってくると思いますよ(*^^)v

骨格診断 自己診断チェック⇒【ストレート】
骨格診断 自己診断チェック⇒【ウェーブ】
骨格診断 自己診断チェック⇒【ナチュラル】

これで完全に1つに決まる人は、その道をまっしぐらに進んでください!?
意外と”ストレートとナチュラル”とか”ナチュラルとウェーブ”など、両方に少しずつ当てはまる人が多いと思うんです。
でも、1つは消えたのではないでしょうか?

似合う服を見ると、上半身はストレートで下半身はナチュラル、なんて上下で違う人もいると思いますが、きっとそれで間違ってないんだと思います。

骨格診断は、すっごく似合う服を悩まず選べるようになる、という診断方法なんだと思いますが、素人にはちょっと難しい気が…
でも、自分に似合わない服を視界から消す、という使い方ならすぐに取り入れられそうです。

骨格診断についていろいろ調べているうちに、すごく簡単な診断方法にたどり着きました!?
あくまでも、素人が編み出した超簡易的な方法ですが…

自分の骨格タイプが分かる、超簡単な方法


3種類のコートを着ていただけば、だいたい分かると思います。

細身で直線的なチェスターコートが似合う⇒【ストレート】
ちょっと大きめのダッフルコートが似合う⇒【ナチュラル】
ショート丈のフレアやもこもこコートが似合う⇒【ウェーブ】

もしくは、
普通にウエストマークするとカッコいい⇒【ストレート】
ウエストはだぼっと隠したほうがいい感じ⇒【ナチュラル】
ハイウエストや胸の下の切替えが可愛い⇒【ウェーブ】

もう一つ挙げると、ニットは、
腰までの長さで、大き過ぎずピッタリし過ぎずが似合う⇒【ストレート】
お尻が隠れる長さ以上で、だぼっとした大きさが似合う⇒【ナチュラル】
裾広がりのフレアデザインや、短いクロップド丈が似合う⇒【ウェーブ】

こんな感じです。
骨格診断のプロではないので自己流ですが、参考になったらうれしいです(*^_^*)

スポンサーリンク


関連記事

コメント











管理者にだけ表示