ホームシンプルに暮らす ≫ そもそもシンプルライフって何?と原点に戻ってみました

そもそもシンプルライフって何?と原点に戻ってみました

シンプルライフを目指している方々のブログをたくさん読んでます。感心したり尊敬したり憧れたり…

いろいろ参考にさせてもらってるのですが、自分が目指すものとは微妙に違うこともあるんですよね。

なので、そもそも「シンプルライフ」ってどんなものだろうと、1度立ち止まって考えてみました。

スポンサーリンク




「シンプル」と「ミニマム」の違いって?


よく目にする「シンプルライフ」と「ミニマムライフ」
同じように使っている人もいますが、そもそもの言葉の意味を大辞林 第三版で調べました。

シンプル【simple】( 形動 )①単純なさま。簡単なさま。「-なデザイン」②飾りけのないさま。素朴。「-な感じの人」
ミニマム【minimum/min.】①最小。最小限。最低限。②〘数〙極小。極小値。▽↔マキシマム

全然違いますね。
シンプルな暮らしをするために、ミニマリストを目指さないといけないって思っている人が多い気がします。

ずばり「シンプルライフ」とは


とりあえずなんでもかんでも断捨離してモノさえ減らせば、シンプルな暮らしができるというのはどうやら間違い。
最初に、自分が目指す「シンプルライフ」とはどんな感じなのか、具体的に考えました。

いろいろ思い浮かべた結果
”自分が好きなものだけに囲まれて暮らすこと”
が私の理想だったみたい。

そのためには、溢れるモノや情報の中から本当に自分が好きなものだけを選べるように、ハッキリとした自分なりの価値基準をつくってぶれないようにしないといけません。

他人が見たら…と考えることは、シンプルではありません。あくまで自分基準です。

赤が大好きな人は赤いモノで溢れた部屋は落ち着く空間かもしれませんが、赤が苦手な人にはストレスでしょう。

使えるなら安いほうでいいか、ではなく、本当に気に入ったものを選ぶのです。そうすれば自然と統一感も出てきます。

なんで汚部屋になってしまったの?


今まで何がいけなかったのかって考えました。
(好みじゃないけれど)高価なものだから…
(好みじゃないけれど)もらったものだから…
(好みじゃないけれど)格安だったから…
こうやって、自分の好きじゃないものを買ったり、処分せずに家に放置した結果、ゴチャゴチャにモノが溢れた汚部屋が出来上がったんですね。

好みじゃないものを処分することから始めるのは間違いではないようです。
まずは自分の好きなものの基準を明確にする。
そして、その基準に当てはまらないものは処分する。
新しく買うものは、必ず自分の好き基準にあったものを選ぶ。

これが、理想のシンプルライフへの第一歩だと思います。

スポンサーリンク


 今日も読んでくれてありがとう(*^-^*)
 最後にこのバナーをクリックしていただけると
 すごくうれしくて励みになります!
 

 いつも、ありがとうございます。

関連記事

コメント











管理者にだけ表示