ホーム人生の断捨離(結婚と離婚) ≫ 人生で1番大きな断捨離は離婚。原因はお金かな…

人生で1番大きな断捨離は離婚。原因はお金かな…

掃除をしてゴミを捨てることも”断捨離”
片づけをして不用品を処分することも”断捨離”ですか?
でも、本当の断捨離って、ちょっと違う気がするんです。

じゃあ、いったいどんなものを断ち切ったら、本当の”断捨離”だと思えるのでしょうか?

スポンサーリンク




今までで一番大きな断捨離は?


断捨離という言葉が使われる前にも、いろいろなものを捨て、断ち切ってきましたよね。
今改めて思えば、あれが1番大きな断捨離だったな、と思うものはなんですか?

私の場合は”夫”というか結婚生活?

何かのアンケートで、一番断捨離したいものの1位が”夫”だったので、私は羨ましがられるのでしょうか。

私の結婚生活


結婚生活を断捨離って、つまり”離婚”ですね。離婚って、断捨離したのかされたのか微妙ですが…

離婚の原因は人それぞれ、いろいろあると思いますが、私の場合は”お金”でした。

具体的に言うと、月に15万円を生活費としてもらっていました。充分ですか? ただ、夫が決めた賃貸住宅の家賃11万円、駐車場代1万円も含まれてます。簡単な計算です。残りは3万円しかありません。

なのに仕事に着ていくワイシャツは、絶対にクリーニングに出さないと怒られました。それも1度着たらすぐに出さないといけません。安いところを探しましたが、当時最安で170円だったと思います。述べ20枚以上出すことになります。

水道光熱費も私の携帯電話代(当時、約3,000円)もそこから出します。生活費が足りないなら携帯を解約すればいいじゃんと言われましたが。

で、1歳の子どもがいたので、おむつ代も必要でした。どう考えても足りるわけがありません。食費はどうすればいいんでしょう?相談すると必ず言われるのが「家計簿をつけないから悪い」、いやいや家計簿以前の問題じゃない?

でも当時は旦那さんには逆らってはいけないものだと信じてました。家計を夫が管理するのも普通だと言われてました。何も文句を言わず、もらった15万円だけで生活をしないといけないと思ってました。

友だちと会うのも、実家に帰るのも禁止されていたので、相談する機会はほとんどありませんでした。足りない食費などは、独身時代からの持ち物を売ってなんとかしのいでました。

今考えると、おかしな話です。でも、そう思い込まされて、信じ込まされて、がんじがらめになっていたんですよね。

そうこうしているうちに、売れるものもなくなったので、土日だけでも働きに出たいと相談しました。だから、その間は子どもの面倒を見て欲しいとお願いしました。

答えは即答でNO。子どもの面倒を1人で見るのは嫌だ、妻を働きに出していると周りに思われるのが嫌だ、とのことでした。

よく我慢してたなぁ、当時の私!感心してしまいます。

どうにもこうにも本当にお金がなくなって、なんとかしなきゃと考えた結果、車を手放してもらえないかと相談しました。滅多に乗らないし、交通の便も良いところだったので必要ありませんでした。そうすれば、駐車場代が浮きます。

それに対する答えが「夜中、両親に何かあったときに駆けつけられないから手放さない」でした。

ちなみに私の両親に何かあったら?と聞いたら、行く必要ないと言われました。理由は、もう苗字が変わっているんだから他人だ、と。家のことを放り出してまで他人の所へ行く必要はないそうです。

さすがにこれで目が覚めました。これは”アカンやつや”と。

今まで一度も逆らったことのない私でしたが、初めて語気を強めて「車か私と子ども、どっちかを選んで!」と言いました。

すると、次の日から3日間家に帰って来ませんでした。4日目に帰ってきたかと思ったら開口一番「離婚を考えている」

”それが普通”の落とし穴


そこからはトントン拍子です。

私の両親に電話をすると、すぐに子どもを連れて帰って来いと言われました。どうやら、とっくに”なんだかおかしい”と気付いていたようです。荷物なんかいらないから、すぐに家を出ろ、とまで言われました(^_^;)

まあ、そこから1年ちょっとの泥沼劇場が始まるのですが、あのとき気づいて本当にヨカッタです。

”それが普通だから”という魔法の言葉で信じ込まされていた数々の理不尽なことを、全部すっきり断捨離できましたから。

旦那さんや結婚生活を断捨離したというより、この思い込みを全て捨て去ることができたのが、一番大きな断捨離でしょうか。

この経験があったから、その後は”自分が本当に望んでいるのは何か”とシンプルに考え、物事を決めるようになった気がします。

今では私の結婚生活の話はネタとなってます。

旦那さんとケンカしたとか浮気してるかもとか、姑にいじめられたとか、もう最悪だ!と言う友だちがいると、私の経験談を聞かせてあげます。

すると、世の中にはそんな人がいるんだ、私なんか全然大丈夫、軽く乗り越えられそう、と思うそうです。

私がいない所でも誰かが悩んでいると私の話をするそうで、私の話が誰かを元気づけているのなら、まあいい経験だったのかな、と思うことにしています。

そんな結婚生活の経験談、これから少しずつ書いていこうかなと思ってます。読んだ誰かを元気づけられたらうれしいです。

スポンサーリンク


 今日も読んでくれてありがとう(*^-^*)
 最後にこのバナーをクリックしていただけると
 すごくうれしくて励みになります!
 

 いつも、ありがとうございます。

関連記事

コメント











管理者にだけ表示