ホーム人生の断捨離(結婚と離婚) ≫ 元夫が養育費を値切るためにやった小細工

元夫が養育費を値切るためにやった小細工

私はバツイチです。別居から離婚成立まで1年以上かかりました。なぜなら元夫が、いろいろ条件をつけたから。

さらに、その1年の間にすごい小細工をしたんです。それは…

スポンサーリンク




”ネタ”満載の私の結婚物語の経緯はコチラ⇒玉の輿から洗脳結婚生活、ドロドロ離婚を経てシングルマザーへ

元夫の結婚前後のお財布事情


元夫は、義父が会社の社長でかなり裕福でした。修行ということで取引先に平社員として務めていました。

結婚してすぐの新居は、駅から見える新築マンションで家賃は15万円。ですが義父の会社の社宅という形で家賃も水道光熱費も全部義父の会社が払ってくれてました。

家計は元夫が管理して、生活費として月7万円を渡されてました。同じ会社に勤めていたので、だいたいの給料は分かります。毎月20万円近くが夫の手元に残っていたハズです。

結婚と同時に会社は辞めるように言われたので、その後の状況は知りようがなかったのですが、年2回のボーナスのほかミニボーナスももらっていたようです。財形や持ち株も給与天引きでしていました。

さらに、義父から毎月お小遣いももらっていたようです。羽振りはよかったですね。

そんな生活が1年ちょっと続き、子どもが生まれてしばらくしたら、義父が方針を変更。1人前の父親になるために、自分の給料だけで生活してみろと家賃もお小遣いも止めてしまいました。

その後の生活はこんな感じでした。⇒人生で1番大きな断捨離って何ですか? 私の場合は…

夫から離婚を言い出したくせに、いざとなると渋り出しました。離婚はするけれど、離婚に関する条件についてです。

弁護士や家庭裁判所の調停員も巻き込んだひどい条件などはコチラ⇒元夫が言い出した離婚の条件と家庭裁判所でした珍証言の数々

今回はお金についてのみ書きたいと思います。

離婚調停のとき、家庭裁判所で驚きの証言!?


まず、現在の保有財産を申告しないといけません。あくまで自己申告ですが、これがびっくり!預貯金なしとなっていたんです。会社の財形は?持ち株は?

さらに預貯金だけでなく、動産、不動産もなし。不動産は分かりますが、車は?就職祝いに義父に買ってもらったという500万円以上するという外車は?

夫が”離婚”という言葉を言うきっかけとなった「私+子どもVS車、どちらかを選んで事件」。詳細はコチラ⇒人生で1番大きな断捨離って何ですか? 私の場合は…
車を手放したくないから離婚にまで発展したんです。(それだけが理由ではないと思いますが…)

なのに、なんと!車は持っていないと!?

家庭裁判所の調停員さんによると、車なんてとっくの昔に手放しているとか、財形や持ち株はとっくの昔に解約してすでに現金はないとか…

大嘘だ!と訴えると、調べてくれたのでしょうか、車も預貯金もなかったそうです。なので財産分与できるものはなし。

養育費は、相場の最低ラインが月2万円だとかで、2万円以上は払えないと訴えたそうです。それも最初は年20万円と値切ってました。

元夫が一族を巻き込んでやった小細工とは


後から聞いたところによると、車は名義を義姉の旦那さんに変えて売ったことにしたそうです。財形と持ち株は本当に解約して現金化し、車を売ったお金と合わせて全額、義父に返済したことにしたそうです。借金なんかなかったですけどね。

私には1銭たりとも払いたくない、養育費も可能な限り安くする、そのために弁護士の力を借りて1年間でこんな小細工をしてたんです。

どれだけ訴えても、養育費を年額20万円じゃなく月2万円にするのが精一杯でした。調停員さん曰く、「最低限でも確実に養育費をもらえるようにしましょう」って。

お金に関することは、ほぼ元夫側の意見が通ったのですが、それ以外は私の意見が通るよう頑張ってくれたので調停員さんには感謝してます。実際、今までずっと毎月2万円は確実に払ってくれてますし。

それにしても、就職祝いにポンと500万円以上の車を現金で買っちゃうような義父も一緒になって、こんな小細工をしてたなんて、なんだか笑っちゃいますね。

スポンサーリンク


 今日も読んでくれてありがとう(*^-^*)
 最後にこのバナーをクリックしていただけると
 すごくうれしくて励みになります!
 

 いつも、ありがとうございます。

関連記事

コメント











管理者にだけ表示